HOME

署名にご協力ください

 私たち「入試差別をなくそう!学生緊急アピール」は、一連の医学部入試差別問題とそれに対する文科省の対応を受け、緊急的に立ち上がりました。

 12月2日より文部科学省宛の「入試差別をなくそう!一万人署名」をchange.orgで開始し、少しでもはやく医学部入試差別問題が解決するよう活動をしております。多くの皆さまからのご賛同を心より願っております。

提言

 2018年8月、東京医科大学が医学部医学科の入試において、女性や浪人生の点数を一律に減点していたことが明らかになりました。これを受けて文部科学省は緊急調査を開始し、10月23日の中間報告では他の大学でも不適切な入試が疑われました。

 性別や年齢などの属性を理由に学ぶ機会や職業選択の自由を奪われることは到底許されないことであり、元受験生の被害救済と今後の入試差別撤廃のため、不適切な入試が疑われる各大学には早急な事実確認と説明が求められます。

 しかし、文部科学省は中間報告にて具体的な学名は公表をせず、大学の自主的な公表を促すにとどめました。事実解明に消極的ともとれる文部科学省のこうした対応は、被害にあった元受験生やこれからの受験生に不誠実と言わざるを得ません。

 文部科学省には、受験生の立場に立ち、医学部入試差別問題の早期解決と今後の入試差別撤廃に努めることを強く求めます。

 2018年12月2日
入試差別をなくそう!学生緊急アピール

最新の投稿

一万人署名を開始しました。

▼活動報告一覧に戻る

コメントなし

「入試差別をなくそう!学生緊急アピール」を設立しました。

このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

コメントなし

お問い合わせ